はちのじ

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

外国人の先生に料理を学べる“Tadaku”でロシアの家庭料理を習ってきた【口コミ】

f:id:copperpot:20170701232336j:plain

こんにちは、高IQ女子のハチヤユーカ(@yukapanz)です。

 

「外国の本場の家庭料理が食べてみたい!」

あなたはこんな風に思ったことはありませんか?

 

わたしも外国の料理が大好きで、各地の料理を食べられるレストランを探しては食べに行っています。

しかし日本で食べられる海外の料理は日本人の舌に合わせて味付けを変えられてしまったものも多いようです。

 

とはいえ本場の料理を味わうために気軽に海外へ行けるほどのお金も暇もありませんし、そもそもわたしはパスポートを持っていません……。

 

そんなとき偶然見つけた“Tadaku(タダク)”は、わたしの願いを国内で安く、そして楽しく叶えてくれるサービスでした!

 

 

“Tadaku(タダク)”って?

日本に住んでいる外国人が先生となり、ご自宅で母国の料理を教えてくれるサービスです。

 

料理はその国の歴史や文化が色濃く出るもの。

それを一緒に作ったり食べたりすることで、その国のことをより深く知ることができます。

f:id:copperpot:20170626005048j:plain

こちらは実際のサイトのスクリーンショットです。

世界各国の料理、見ているだけでワクワクしてきませんか?

たとえば右下にあるマラウイの料理なんて、普段めったに食べる機会はありませんよね……!

なじみ深いイタリアンやフレンチなどはもちろん、このように日本ではなかなかお目にかかれない料理との出会いも魅力的です。

 

“Tadaku(タダク)”のメリット

今回わたしが“Tadaku”を利用する決め手になったポイントは次の4点です。

 

1回完結型なので気軽

通常の料理教室では数回に分けて学ぶコースが主流です。

そのため土日休みの社会人が通おうとすると厳しいスケジュールになりがちですが、“Tadaku”ならばどのレッスンも1回で完結するため気軽に参加することができます。

 

外国語で進行するレッスンもある

今回わたしが参加したコースの先生は日本語が流暢な方でしたが、英語をはじめとしたさまざまな外国語で進行するレッスンもあります。

f:id:copperpot:20170702104557j:plain

日程別や開催エリア別でレッスンを探せるのはもちろんのこと、国別や言語別で探すこともできるため語学学習にもぴったりです。

わたしも次は英語で進行するレッスンに申し込んでみるつもりです。

 

少人数のレッスン

3~6人で行われるレッスンがほとんどなので、先生との距離がとても近いです。

料理の腕に不安のある方でも、先生の目が行き届くので安心して楽しめるのではないでしょうか。

 

1レッスン4,000円~6,000円台がほとんど

通常ちょっと珍しい外国の料理を国内で食べようとするとお値段が張りがちです。

しかし“Tadaku”ならしっかり学んでしっかり食べても10,000円未満のレッスンがほとんどで、コストパフォーマンスに優れています。

 

その他のメリットと気になる点

またわたしは独身なのであまり関係がありませんでしたが、お子さんと一緒に楽しめるコースもあるようです。

 

反対に気になる点としては、現時点ではやはり都市部にレッスンが集中してしまうこと。

地方に住んでいる方はなかなか参加が難しいかもしれません。

ですが、これからサービスが拡大していけば全国に広まっていくかもしれませんね!

 

レッスンまでの流れ

利用方法はとても簡単で、レッスンまではたったの5ステップです。

  1. 会員登録
  2. 好きなレッスンを見つける
  3. 必要事項を入力
  4. 予約
  5. 受講案内メールを読んで詳細を確認

どのレッスンも原則先生のご自宅で行われるため、場所の詳細は必ずメールを読んでチェックする必要があります。

 

また、レッスン料の支払方法は3種類から選べます。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込

支払った料金はレッスンが終わるまで運営会社が預かってくれる形になるため、万が一のことがあっても安心です。

 

>>“Tadaku”への登録はこちら

 

ロシアの家庭料理が学べるコースを受講してきました

わたしは先週の日曜日に、ロシア人のJeny先生が教えてくれる「シベリア地方への家庭への旅」というコースを受講してきました。

その名の通り、シベリア地方の家庭料理が学べるコースです。

  • コンポート(果物を使ったロシアの伝統的なドリンク)
  • ロシア風マリネの盛り合わせ
  • 卵と野菜とソーセージのサラダ
  • スモークチキンとグリーンピースのスープ
  • ペリメニ(ロシア風水餃子)
  • アレーシュキ(くるみ入りキャラメルクッキー)
  • シベリアンハーブティー

以上7品を学べたうえに、食後にJeny先生はお写真とともにロシアの文化を紹介してくださいました。

 

受講者はわたしを含めて6人という少人数。

トータル4時間ほど、どっぷりロシアの文化に浸かれて4,700円。

ボリュームの割にとても良心的な価格だと感じました。

 

調理中&料理の写真をご覧あれ!

f:id:copperpot:20170701232336j:plain

実際に作った料理の数々を、写真付きでご紹介します。

調理中はさすがにほとんど写真が取れませんでしたが、和気あいあいとした楽しい雰囲気でしたよ~。

 

コンポート

f:id:copperpot:20170701232217j:plain

日本でコンポートといえば果物を砂糖で煮たものを指しますが、ロシアではそれをさらに水で伸ばしたドリンクのことを指すのだそうです。

今回いただいたJenyさんお手製のコンポートは、冷凍のミックスベリーを用いて作られたもので、自宅でも再現できそうでした。

 

見た目のわりにはサラッとしていて飲みやすく、夏場の水分&ビタミン補給に良さそうです。

 

ロシア風マリネの盛り合わせ

f:id:copperpot:20170701232304j:plain

レタス、玉ねぎ、トマト、ピクルスなどの野菜に、スモークサーモンとイクラがたっぷり!

ここにマリネソースをかけていただきました。

玉ねぎが辛くならないコツをJenyさんに教えていただいたおかげで、とてもマイルドなお味でした。

 

卵と野菜とソーセージのサラダ

f:id:copperpot:20170701232601j:plain

ロシアでサラダといえば、ほとんどの場合野菜や卵をマヨネーズで和えたものを指すそうです。

コロコロとしたさいの目切りにした具材を和えたこのサラダは通称「冬サラダ」と呼ばれ、お祝い事の際には必ずと言っていいほど出るんだとか。

日本でいうポテトサラダやマカロニサラダに近い味わいでした。

 

スモークチキンとグリーンピースのスープ

f:id:copperpot:20170701232801j:plain

日本ではなかなか味わえないおいしさのスープでした。

ロシアでは日本のようにさまざまな調味料を使うことはあまりなく、よく使うのは砂糖、塩、ブイヨンくらいなのだとか。

このスープも野菜やスモークチキンのうまみを濃く感じることができました。

f:id:copperpot:20170701232951j:plain

ちなみにグリーンピースといっても緑の豆ではなく、黄色いエンドウマメを乾燥させたものをたっぷり入れたスープでした。

ほのかに甘くておいしいお豆でしたよ。

 

ペリメニ(ロシア風水餃子)

f:id:copperpot:20170701233845j:plain

今回のメインディッシュがこのペリメニ。

ロシアのどの家庭にも必ず冷凍したものが常備されていると言っても過言ではないそうです。

f:id:copperpot:20170701233954j:plain

こんな風にみんなでテーブルを囲みながら包みました。

ロシアでも家族みんなで大量に作り、マイナス何十度という戸外に出して自然冷凍させるのだとか……。

 

f:id:copperpot:20170701234318j:plain

Jenyさんにお手本を見せていただいたのち、みんなでひたすら包みました。

不格好なものもありますが、だからこそ家庭料理という感じがします。

 

あとはこれらを大量のお湯で茹で、サワークリームとディル(香草)を使ったさわやかなソースにつけていただきました。

 

アレーシュキ(くるみ入りキャラメルクッキー)&シベリアンハーブティー

f:id:copperpot:20170701234738j:plain

コロンとしたくるみの殻の形がかわいいアレーシュキは見てのとおり特殊な型を使って作られており、日本ではなかなかお目にかかれません。

f:id:copperpot:20170701234950j:plain

中にはたっぷりのキャラメルとくるみが入っていて、ついつい手が進んでしまう素朴なおいしさ。

f:id:copperpot:20170702102229j:plain

シベリアンハーブティーとの相性は抜群でした。

ハーブティーはさっぱりしながらもほのかに甘味があり、ホッとするお味です。

f:id:copperpot:20170702000018j:plain

アレーシュキはJenyさんのご厚意でおみやげにもいただけました!

 

ロシアの文化も学べた

Jenyさんは食後にロシアの文化や生活についてのお話をしてくださいました。

  • サラファンという鮮やかな色の民族衣装があること
  • 夏場はダーチャと呼ばれるログハウスのような別荘で過ごすこと
  • シベリアとそうでないところ(ヨーロッパ寄り)では文化がまるで違うこと

などたくさんのお話をしてくださり、ロシアがグッと身近に感じられるようになりました。

 

“Tadaku(タダク)”はこんな方におすすめ!

今回のレッスンではロシアの家庭料理を作って食べて、さらには文化や生活についてのお話もうかがうことができました。

そのため料理が好き・得意だという方はもちろん、外国や異文化に興味がある方にもおすすめできるサービスだと感じました。

 

料理初心者向けのレッスンも多く開講されているので、料理の腕に自信がない方でも大丈夫でしょう。

 

そして外国語、特に会話が学びたい方にもうってつけ。

レッスンを受ける中で、自然な話し方を学ぶことができるはずです。

また他の生徒の方と交流を深めることができるので、語学学習仲間ができるかもしれません。

 

安心して利用でき、とっても楽しい“Tadaku”、ぜひ登録してみてください!

 

>>“Tadaku”への登録はこちら