はちのじ

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

わたしに中傷、批判、意見の押し付け、マウンティングをしてくるあなたへ。

f:id:copperpot:20170617110037j:plain

こんにちは、高IQ女子のハチヤユーカ(@yukapanz)です。

 

 

わたしに対して誹謗、中傷、罵詈雑言を投げかけてきたり、求めてもいない意見を一方的に押し付けてきたりする、見ず知らずのあなたに言いたいことがあります。

 

今後わたしとツイッターなどで議論を交わしたい方は有料にてお受けいたします。

高IQ女子と議論を交わせるこのチャンスをお見逃しなく!

 

概要

料金

1時間までの議論1回につき10,000円

超過15分ごとに追加料金として3,000円

 

ex.) 2時間20分の議論の場合

最初の1時間10,000円+あとの1時間15分15,000円=トータル25,000円

をお支払いいただきます。

 

注意事項

  • 議論を始めるに値するかどうかはわたしが決めますが、中傷、批判、意見の押し付け、マウンティングなど、わたしが快く思わないあなた個人のご意見(以下、中傷・批判)を誰でも見られるプラットフォーム上に発した時点で議論が始まる可能性があることに同意したものとみなします。
  • 料金はAmazonギフト券かPayPal(現在手続中)にてお支払いください。
  • 料金は先払いで議論したい時間分だけお願いいたします。
    時間をオーバーした場合は例外なく議論を打ち切らせていただきます。
  • 料金を支払われずに一方的に中傷・批判を投げかけてくる場合、各SNSでブロックいたします。
  • 無論、料金を支払ったからいくらでも中傷していいというわけではありません。
    あまりにもひどい中傷が見られた際にはしかるべき対処をいたします。

 

ここまで読んで、乱暴だとかぼったくりだとか思いました?

それならば、わたしに向かって中傷・批判を投げかけずにご自分の中だけで消化されればいいだけのことです。

 

なぜお金を取るのか?

はじめに断っておきますが

「批判したい奴は例外なく金を払え!」

なんて暴論を振りかざすつもりはありません。

わたしにそんな言論統制をする権利などありませんし、賛否両論が巻き起こる記事を書けたということは人の心を動かせたということ。

よって建設的な批判ならむしろウェルカムです。

 

しかし残念ながら近頃ツイッターを中心に、わたしに対し一方的な中傷・批判を投げかけてくる方が散見されるようになりました。

もっとも多いのはマウンティングでしょうか。

そんなことをされてもこちらは特に得られるものがありません。

 

いわばいきなり現れた見ず知らずのあなたにオナニーを見せつけられている気分です。

あなたは人をオカズにして(=貶めて)気持ちよくなっているかもしれませんが、こちらはちっとも気持ちよくなく、むしろ不快感すら覚えるのです。

 

ですので、せめて金銭くらいいただかなければやっていられないというわけです。

 

あなたの意見が必要かどうかはわたしが決める

ブログを書くうえで読者の方が大切な存在なのは事実ですが、それがあなたである必要性はまったくありません。

また、あなたの意見をすべて受け入れる義理はわたしにはありません。

必要なご意見とそうでないものの判断はわたし自身が行います。

 

わたしには仕事もありますし、大切な恋人や友人との生活だってあります。

ブログの広告収入をメインに据えて生活しているわけでもありませんから、そこにばかり大きなリソースを割いて消耗している暇はありません。

だからこそ、わたしは読者を選びます。

 

あなたの思想は尊重します。しかし!

世の中にさまざまな価値観、主義、主張、信条などがあるのはわたしも理解しています。

よってあなたがわたしに対してどんなネガティブな印象を抱こうともそれはあなたの自由です。

あなたの思想をわたしにとって都合のいいように変えさせようとは思いません。

 

ですが、それがわたしを貶めていい理由にはなり得ません。

真実だと思えば、正しいと思えば、それを好き放題書いていいのでしょうか?

今一度よくお考えになられてはどうでしょう?

 

それでもなおたかだか一個人が発する無料の情報にケチをつける気ですか?

仮にわたしが本を出版していたとしましょう。

それを買って読んだあなたが掲載されている情報を信じて不利益を被ったというのであれば、批判的な意見が飛んでくるのもまだ分からないでもありません。

 

しかしここは無料で全世界に発信している一個人のブログです。

わたしには名前だけで人を引き付けられるような知名度や権威だってありません。

そんな人間が無料で公開している情報に対して中傷・批判を行う意義はどこにあるのでしょう?

叩ければ誰でもよく、たまたま目についたのがわたしだったのではありませんか?

 

わたしは自分がいちばん大切です

ネットでの中傷・批判なんてスルーすべきだというのが通説となっている今日ですが、わたしはそうはいたしません。

そんな誰かの「たまたま」の気まぐれで中傷・批判されていたらたまったもんじゃないんですよ。

わたしの尊厳を傷つけた、あるいは傷つけようとしたあなたを易々と許すことはできません。

 

もう一度通告します

 

  • あなたがどんな意見を持っていようとわたしを悪く思おうとそれは自由であり、わたしはそれを変えさせる義理も権利もありません。
  • しかしそれをわたしに直接、あるいは間接的にでもぶつけられる場合ははじめに示した金額をお支払いください。
  • そうでない場合は各SNSでブロックさせていただきますし、度が過ぎるようならそれなりの対処を取らせていただきます。

 

以上3点、今ここにはっきりと宣言いたします。