はちのじ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

【レビューあり】納豆を10種類食べ比べたのでランキング形式で紹介するよ!

こんにちは、高IQ女子のハチヤユーカ(@yukapanz)です。

 

先日、ブロガーのさんしちさんに招かれまして、シュートさんを合わせた3人で10種類の納豆の食べ比べを行いました。

ワイワイ言いながらの食べ比べ、後半はキツかったけど本当に楽しかったです!

 

今回はそのときに食べた納豆を超主観的ランキング形式で発表します!

 

これが10種類のラインナップだ!

f:id:copperpot:20170426020841j:plain

それぞれに貼ってある付箋は値段を忘れないように付けたものです。

 

  パック数 重量/1パック 購入価格 価格/1パック 価格/1g
おかめ納豆 極小粒 ミニ 3連 3 50g 79円 約26.33円 約0.53円
おかめ納豆 極小粒 カップ3 3 30g 91円 約30.33円 約1.01円
旨み味わい北海道小粒納豆 3 40g 162円 54円 1.35円
豆かおる国産ふっくら中粒納豆 3 45g 189円 63円 1.4円
くめ納豆 秘伝金印 3 40g 91円 約30.33円 約0.76円
くめ納豆 丹精 2 40g 212円 106円 2.65円
舌鼓 2 40g 113円 56.5円 約0.94円
有機そだち 極小粒納豆 2 30g 101円 50.5円 約1.68円
北海道 大粒 2 45g 113円 56.5円 約1.26円
黒千石小粒なっとう 2 30g 141円 77.5円 2.35円

それぞれの項目の最高値に赤い色最低値に青い色をつけました。

こうして見ると価格は「くめ納豆 丹精」がダントツで高いですね。

ちなみに購入価格の212円はこれでもセール価格だったんだとか!

 

さて、実際に食べてみた印象としてはどうだったのか?

以下からランキング形式で発表いたします!

 

味・香り・コスパで判定!納豆ランキング

【第10位】 有機そだち 極小粒納豆

有機栽培の大豆で作られた納豆。

納豆のみならず、たれも有機醤油を使用、からしも無着色と徹底してオーガニックにこだわっているのが伝わってきます。

f:id:copperpot:20170426171555j:plain

しかし全体的に味が薄く、後味もなんだか納豆らしくない個性的なものでわたしはちょっと苦手でした……。

★☆☆☆☆
香り ★★★☆☆
個性 ★★★★★
コスパ ★☆☆☆☆

購入価格:101円

内容量:30g×2

メーカー:あづま食品

 

【第9位】 くめ納豆 秘伝金印

とにかくたれが塩辛い!

この納豆はときどき食べているのですが、他の納豆と比べてみると「こんなにしょっぱかったっけ!?」と驚かされました。

 

▼ 見た目はごくごく普通の納豆

f:id:copperpot:20170426173153j:plain

1パック当たり約30円とコスパはいいので日常的に食べるのにはちょうどいいかもしれません。

★★☆☆☆
香り ★★☆☆☆
個性 ★☆☆☆☆
コスパ ★★★★★

購入価格:91円

内容量:40g×3

メーカー:ミツカン

 

【第8位】 おかめ納豆 極小粒 カップ3

こちらも食べなれた、ホッとする味の納豆。

上のくめ納豆ほどではないですが、こちらもちょっとたれが塩辛かったです。

f:id:copperpot:20170426173311j:plain

カップに入った納豆はちょっと量が少ないのですが、平たいパックよりも混ぜやすいという利点があります。

食べきりサイズ+混ぜやすいということで子どもにちょうどいいかも?

★★☆☆☆
香り ★☆☆☆☆
個性 ★★☆☆☆
コスパ ★★★☆☆

購入価格:91円

内容量:30g×3

メーカー:タカノフーズ

 

【第7位】 おかめ納豆 極小粒 ミニ 3連

上の納豆と違うのはおそらくパックと量だけでしょうか?

こちらは1パック50gというかなりのボリュームで満足感があります。

f:id:copperpot:20170426173457j:plain

さらに特筆すべきはそのコストパフォーマンス。

今回食べた納豆の中では最安なのに加え、1パック当たりにすると約26円と唯一の20円台でした。

グラムあたりにしたら上のカップのおかめ納豆と倍近くの差がありますね……。

★★☆☆☆
香り ★☆☆☆☆
個性 ★☆☆☆☆
コスパ ★★★★★

購入価格:79円

内容量:50g×3

メーカー:タカノフーズ

 

スポンサーリンク

 

 

【第6位】 豆かおる国産ふっくら中粒納豆

中粒と言いながらかなりの大粒。

豆の大きさのおかげで食べごたえのある納豆でした。

 

▼ フィルムをはがした写真を撮り忘れてしまったのですが、この豆の大きさは伝わりますかね?

f:id:copperpot:20170426173616j:plain

また「豆かおる」という名の通り、食べた後に鼻から大豆の香りが抜けていくのが感じられました。 

★★★☆☆
香り ★★★☆☆
個性 ★★★★☆
コスパ ★☆☆☆☆

購入価格:189円

内容量:45g×3

メーカー:Oisix(オイシックス)

 

【第5位】 旨み味わい北海道小粒納豆

粘りがあまりなく、サラサラと食べられるのが特徴的でした。

そしてこちらも豆の香りがいい!

オイシックスの納豆は大豆の香りが特徴なんですかね?

f:id:copperpot:20170426173811j:plain

もう少し安ければ日常的に食べたいと思うような、バランスのいい納豆でした。

★★★☆☆
香り ★★★★☆
個性 ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆

購入価格:162円

内容量:40g×3

メーカー:Oisix(オイシックス)

 

【第4位】 黒千石小粒なっとう

イロモノ枠かと思いきや、想像以上のおいしさにびっくり!

からしじゃなくわさびがついているのですが、これが意外と大豆の味を引き立ててくれるんです。

f:id:copperpot:20170426173935j:plain

そしてこの豆の黒さをご覧あれ!

f:id:copperpot:20170426174725j:plain

品名にもついている「黒千石」という品種は、実は1970年代に一度生産がストップ。

しかし数十年の時を経て発見された豆から発芽させることに成功し、そこからまた栽培が再開された大豆なんだそうです。

★★★☆☆
香り ★★★★☆
個性 ★★★★★
コスパ ★☆☆☆☆

購入価格:141円

内容量:30g×2

メーカー:あづま食品

 

スポンサーリンク

 

 

【第3位】 北海道 大粒

開けてみると確かに大粒……なのですが、 6位の「豆かおる国産ふっくら中粒納豆」の粒が大きすぎたせいでちょっとインパクトは薄め。

しかし味は個人的にこちらの方が好みでした。

f:id:copperpot:20170426174817j:plain

強い粘りとしっかりした豆の食感で満足度大。

そしてたれの風味と香りではこの納豆のたれがナンバーワン!

納豆の味をよく引き立ててくれる名脇役です。

★★★★☆
香り ★★★★★
個性 ★★★☆☆
コスパ ★★★☆☆

購入価格:113円

内容量:45g×2

メーカー:あづま食品

 

【第2位】 くめ納豆 丹精

パッケージからすでに他の納豆とは一線を画する高級感が伝わってきます。

開けるとたれとからしの他に金ゴマ・のり・ネギが入った薬味の袋つき。

f:id:copperpot:20170426174845j:plain

f:id:copperpot:20170426174859j:plain

それらを投入して混ぜてみると、粘るというよりは泡立つと形容した方がしっくりくる仕上がりに。

食べてみるととてもなめらかでふんわり、かつ豆がもっちりしています。

まさに「丹精」こめて作られていることを感じられるおいしさで、価格が高いのも納得です!

★★★★★
香り ★★★★★
個性 ★★★★★
コスパ ★☆☆☆☆

購入価格:212円

内容量:40g×2

メーカー:ミツカン

 

【第1位】 舌鼓

今回食べた納豆の中で、もっとも味・香り・食感のバランスに優れていたのがこちら。

小粒ながらやや固めの食感のおかげで食べごたえがあり、噛みしめるごとに大豆の味を深く感じられる納豆です。

f:id:copperpot:20170426174939j:plain

粘りにも弾力があり、張りのある豆との相性はバツグン!

たれはやや塩辛さを感じるものの、それ以上にかつおの風味を濃く感じられるものでした。

★★★★★
香り ★★★★☆
個性 ★★★☆☆
コスパ ★★★☆☆

購入価格:113円

内容量:40g×2

メーカー:あづま食品

 

どうやって10種類もの納豆を揃えたのか?

今回なぜ10種類もの納豆を揃えられたのか?とさんしちさんにお聞きしたところ、「Amazonフレッシュの配送料を無料にしたかったから」とのこと。

Amazonフレッシュは今月21日から始まったサービスで、ひとことで言えばAmazon版ネットスーパー。

6,000円以上買うと配送料が無料になります。

そこで納豆をまとめ買いしたというわけですね。

 

まだ都内の一部でしか利用できませんが、利用できるエリアは順次拡大していくそうです。

そのうちPrime Nowと合わさるなんてことになったら最強のサービスになりそうでワクワクしますね……!(できるのかな?)

 

Amazonフレッシュを利用するにはまず「Amazonプライム」への会員登録が必要です。

これは年会費3,900円(月額325円)で便利なサービスが受けられるというもの。

これがかなり豪華で、簡単にまとめると以下のようなサービスを受けられるようになります。

  • お急ぎ便が使い放題
  • 日時指定便が使い放題
  • 送料が無料になる
  • プライム会員限定セールに参加可能
  • Fireタブレット・Kindle端末が割引価格で購入可能
  • Kindleの本を月1冊無料で読める(Kindleオーナーライブラリー)
  • 音楽配信サービス「プライム・ミュージック」が利用可能
  • 動画配信サービス「プライム・ビデオ」が利用可能
  • フォトストレージ「プライム・フォト」が利用可能
  • オーディブル(=聴く本)の無料期間が1ヶ月→3ヶ月に
  • 食品・日用品のまとめ買いサービス「Amazonパントリー」が利用可能
  • 家族向けサービス「Amazonファミリー」が利用可能
  • ワンプッシュで商品を注文可能な「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」が購入可能
  • 注文から1時間以内に配達可能なPrime Nowが利用可能 

いろいろなサービスがありますが、Amazonを利用する主たる目的である買い物という観点に絞って考えても、月に一度以上Amazonで買い物をするという人はプライム会員になっていた方がお得と言えるでしょう。

通常だと2,000円未満の買い物には350円の配送料がかかりますが、プライム会員になっておけばこまごまとした買い物も躊躇なく行えますね。

 

Amazonプライムの詳細・会員登録はこちら

 

さらにAmazonフレッシュの利用料はこうなっています。

フレッシュ月会費: Amazonプライム会員の方は、30日間の無料体験にご登録いただくことができ、その後は月額500円(税込)でAmazonフレッシュをご利用いただけます。

https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20170421/ref=amb_link_102183489_1

これを読んで「ほとんどのネットスーパーは利用料かからないし、そこまで利用するうまみはないんじゃないの?」と思ったのですが、

Amazonフレッシュでは、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7,000点以上の新鮮で高品質な食料品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を購入することができます。

お届け時間帯: 午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとのお届け時間帯から指定可能です。ご注文から最短で4時間後に商品を受け取り可能です。

https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20170421/ref=amb_link_102183489_1

これを読んで掌をくるりと返してしまいました。

 

Amazonのサービスということで品数が多いのはもちろんのこと、夜遅くまで受け取れるならわたしのような単身者世帯にもありがたいですね。

ここで何週間分かの食材をまとめ買いしておいて、週末に調理して平日は温めるだけで食べられるようにしておけば食費も抑えられそうです。 

 

唯一の問題はわたしが住んでいる地域はしばらく対象地域に入らなさそうということ!

Prime Nowも対応していないし、対象地域になるのはちょっと遠い未来の話になりそうです……。

 

まとめ

今回の納豆のラインナップを見たときは「『丹精』がナンバーワンで決まりだろうなぁ……」とうっすら思っていたのですが、予想に反してノーマークだった舌鼓がぶっちぎりのナンバーワンという結果になりました。

ご一緒にさんしちさんは「黒千石小粒なっとう」がいちばんとのことでしたので、味覚は人それぞれだとあらためて感じます。

 

たまの贅沢にちょっと高級な納豆を食べるのもいいのではないでしょうか?

この記事がそんなときの参考になれば幸いです。

 

Amazonプライムの詳細・会員登録はこちら