はちのじ

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

「ぷらっとこだま」を使うならN700系のグリーン車で決まり!

f:id:copperpot:20170617143541j:plain

こんにちは!高IQ女子のハチヤユーカ(@yukapanz)です。

 

1週間前にぷらっとこだまを利用してN700系のグリーン車に乗り、東京から大阪へ行ってきました。

まだ自由席で消耗してるの?低収入でも新幹線のグリーン車に乗る方法 

 

ひとことで感想を言うとすれば、想像以上に快適な空間でした。

今回はその乗り心地をレポートします!

 

 

乗るなら絶対グリーン車!

ぷらっとこだまでは指定席料金+1,500円という破格の値段でグリーン車に乗れるのは以前の記事で書きました。

実際に乗ってみた身として、たった1,500円プラスするだけであんなに快適な空間で過ごせるなら絶対にプラスした方がいいと断言します。

 

足元がとってものびのび

シートピッチというのは座席同士の前後の間隔のことで、広ければ足元にゆとりが生まれます。

自由席や指定席のシートピッチはどの新幹線もおおむね900~1000mm前後ですが、グリーン車は1160mmあるのでかなり快適です。

数字で見るとそんなに変わらないんじゃ……とお思いの方も、乗ってみればその快適さにきっと感心するはずです。

 

また足元にはフットレストもあり、靴を脱いで足を伸ばせるのもうれしいポイントです。

 

コンセントが全席の手元に

f:id:copperpot:20170617132236j:plain

普通車指定席ではコンセントは限られた座席のみ、しかも足元にしかありません。

しかしグリーン車では全席の手元にコンセントがついています。

 

わたしは2ポート差し込める充電プラグを持って行ったのですが、これが大正解。

コードがボロボロなのは気にしないでください……。

 

ひとつのポートでスマホ、もうひとつでモバイルマウスを充電しながら駅弁を食べ、食べ終わったらマウスを利用しつつノートPCで作業することができました。

 

f:id:copperpot:20170617133310j:plain

気合を入れたくて選んだとんかつ弁当。

想像以上にボリューミーでしたがおいしかったです……!

 

静かで過ごしやすい

いくら安かろうともそこはグリーン車と言うべきか、そこそこ混雑していたにも関わらずとても静かな空間が保たれていました。

周りを見るとPCを使っている方、寝ている方、読書している方、音楽を聴いている方など、みなさん思い思いの過ごし方をされていました。

談笑している方々もいましたが、声が抑え目だったので特に気になりませんでした。

 

ただでさえこだま号ということで長時間乗らねばならないのに、騒がしかったらたまりません。

快適に過ごせたことを本当にうれしく思います。

 

唯一のデメリット?

こだま号はのぞみ号やひかり号の通過待ちのためにいくつかの駅で数分間停車します。

その際、横を他の新幹線が通り抜けると結構揺れます。

仕方のないことではあるのですが、少しでも揺れを軽減したい方は車両の前後左右中央に近い座席のチケットを取られるといいかもしれません。

 

旅行・出張にはN700系のグリーン車を!

ぷらっとこだまを利用すれば、たった12,000円の新幹線代でこれだけの過ごしやすい空間が手に入ります。

心地よく過ごすことができて、その後のライブも体力と気力たっぷりの状態で楽しめました!

【ライブレポ】デレマス5thライブツアー大阪公演2日目の感想!

 

あなたもぜひN700系のグリーン車を利用して、快適な旅をお楽しみください!

 

長時間乗車のお供にはこちらをどうぞ

高IQ女子の人生を変えた本たちをご紹介!