はちのじ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

彼氏に風俗に行ってほしい、たったひとつの理由

f:id:copperpot:20170521011449j:plain

こんにちは、元風俗店員の高IQ女子・ハチヤユーカ(@yukapanz)です。

 

ぶっこんだタイトルで失礼します。

 

しかしこれはまぎれもない本心です。

彼氏に風俗に行ってきてほしい!

本人にさんざん言ってるんですけど行かないんですよね。

理由を聞くと興味がないから、そして不潔そうだからとのこと。

言い分はわからないでもありませんから無理強いはしません。

 

しかしそれでもわたしが行ってほしいと思い続けている理由があります。

 

寝取られ趣味があるのかって?

いいえ、むしろ寝取られたくないからこそ風俗に行ってほしいのです。

 

相対的に評価されたい

その理由は、女性として相対的に評価されたいから。

 

アイコンを見ていただければわかると思うのですが、わたしは特別美人ではありませんし、かわいくもありません。

風俗で出てきたらハズレの部類です。

 

それでもわたしの彼氏はわたしを好いていてくれています。

それはたぶん、趣味が合ったり、性的嗜好の相性がよかったりするからでしょう。

もちろんそれだけでなく、双方がそれぞれ男や女として見られるための努力を怠っていないという理由もあるのではないかと思います。

 

それは本当にうれしいことなのですが、わたしはそれに甘んじたくありません。

 

他の女性と比較されたうえで「やっぱりわたしがいい」と思ってもらいたいですし、そう思ってもらえる自信は大いにあります。

オタク同士の恋愛が最高すぎるのでノロケさせてくれ

 

それならばなぜ風俗なのか?

だったら浮気を認めちゃえば?と思った方もいるかもしれません。

しかしはじめにも書いた通り、わたしには寝取られ趣味はありません。

 

だから浮気は(されたことはありませんが、たぶん)そう簡単に許せるものではないでしょう。

 

それに浮気は始めるのにも続けるのにもやたらコストがかかると思います。

相手を探す時間的コスト、デートをする経済的・時間的コスト、罪悪感という精神的コスト……。

そのうえハイリスクです。

 

しかし風俗の場合、スマホで好みの女の子を探してお店に電話することに大した時間的コストは必要としません(よっぽど吟味するなら別ですが)。

さらに決まった料金を払い、決められた時間のみ女の子と触れ合うことが許されますから、かかる経済的・時間的コストの上限も決まっています。

それにあくまでも風俗はビジネスですから、精神的な負担を感じる必要もありません。

【R18?】新卒で風俗業界に入った女子大生の話

あとたぶん風俗で働く女の子からしても若いお客さんってうれしいんじゃないかな……。

 

年を重ねてから過ちを犯さないために

f:id:copperpot:20170521012057p:plain

別に今すぐ風俗に行けと言うつもりはさらさらありません。

ただ、どうせなら若いうちに行ってほしいのは確かです。

 

たとえばもしある程度年齢を重ねてから浮気に走ってしまうと、若いときよりも大きな問題に発展してしまうおそれが大きくなります。

年齢を重ねてくれば社会的な立場もあるでしょうし、それに伴い世間体も無視できなくなります。

相手や自分が家庭を持っている可能性もあります。

 

浮気によって相手の家庭を壊してしまった、なんてことになったら大きな代償を払わねばなりません。

人生計画はすべて狂ってしまいます。

 

そうならないためにも若いうちにさっさと相対評価を下してもらい、早いうちから「やっぱりわたしがいい」と自覚してもらいたいのです。

 

もちろん年齢を重ねてからの風俗はまったく問題ありません!

むしろ大いに楽しんでほしい!

 

自分では絶対評価を下します

ちなみに女性からの相対評価は無価値だと思っています。

思ってもいないのに「○○ちゃんかわいい~」と言い合うような、ブレブレの評価にいったい何の意味があるというのでしょう?

そのくせ陰で妬み嫉みを言い合う文化、わたしは本当に苦手です。

 

ほとんどの女性に比べて外見が劣るわたしですが、そんなわたしにもコンディションのいい日と悪い日が存在します。

わたしから見て、わたしの考える基準よりキレイであったり、かわいかったりすれば、もうそれで満足です。

 

世界中にいる何億人もの美人に勝とうとするよりも、その日のメイクがキレイに乗る方が重要じゃないですか?

 

むしろそんなふうに相対評価の海で溺れないからこそ、好きな人からの相対評価がひときわ光り、大切にしようという気持ちが芽生えます。

わたしはその気持ちを大切に育てていきたいのです。