はちのじ

はちのじ

IQ高め女子のちょっとニッチな雑記

「あの村プロジェクト」を支援しました

こんにちは、ハチヤユーカです。

クラウドファンディングが好きで、いろんなプロジェクトのページをちょくちょく覗いています。

実際にパトロンになって応援することはめったにないのですが、今日はプロジェクトページを読んで、すぐに支援したくなったプロジェクトがあるのでご紹介します!

そのプロジェクトがこちら!

村作り……めちゃくちゃおもしろそうじゃないですか!

まるでリアルマインクラフトの世界!

 

でも、正直言って地方開拓系のプロジェクトって結構あるんですよね。

ではこのプロジェクトは何が他と違うのでしょうか?

すぐに行ける

当たり前と言えば当たり前ですが、この手のプロジェクトって首都圏から離れた地域でやっていることがほとんどです。

だからせっかく支援しても、時間やお金の兼ね合いで、実際に足を運ぶことは難しいという場合もあります。

ですが、このプロジェクトが行われるのは千葉県鴨川市

首都圏住まいなら日帰りで行けちゃうレベルの近さです。

壮大さが魅力的

家づくりや畑づくりのプロジェクトはこれまでも何度か見たことがありますが、って。

びっくりしましたが、最高にわくわくします。

農業も、プチ起業も、ちょっとした自給自足生活も……ほかにもいろいろなことができそうですよね。

始めるまでのハードルが高くて躊躇していたことも、村の中でなら比較的カンタンに始められそうなのが魅力的です。

積極的に関与できる

どんなプロジェクトも、上位の支援プランを選べば積極的に関与できます。

ですが、わたしのようなフツーの会社員にはウン万円をポンとクラウドファンディングに出すのは厳しいものがあります。

しかし、このプロジェクトは支援額にかかわらず、体験入村を経て『あの村』の村民になれば積極的に関与していけるようなのです。

プロジェクトページにもしっかり書かれていますね。

「何かよく分からないけど、村作りみたいなことやってる人他にもいるよね?」

と、いう声をよく頂きます。

あの村プロジェクトと、その他の村作りとは、全く違うものです。

普通、村作りプロジェクトは、誰かが村を作って「あなたはそこに遊びに行くだけ・少し手伝うだけ」です。

本当の意味で、村を「作る」ところには立ち会えないのです。

一方、あの村プロジェクトは「お客様自身が、作る」のです。

 

そしてその村民になるのにかかる費用も、6,200円/月

さらに、学生さんなら4,500円/月

交通費を考慮しても、良心的なお値段だと感じました。

もちろんリターンも魅力的

最少額の5,000円でも、『あの村』に一泊できちゃうみたいです。

しかも夕食付き。なんて太っ腹なんでしょう。

宿泊施設もスタードームと呼ばれる、竹でできた広いテントのようなスペースで、とことん非日常的ですね~。

というわけで支援しました

f:id:copperpot:20170312172452j:plain

じゃん。

今後の展開がとても楽しみです!

おもしろそう!と感じた方はぜひ一緒に支援いたしましょう~!